カードローンのメリット・デメリット

一覧を見るとすぐに分かるカードローンのメリット・デメリット

メリットの高い金融サービス「カードローン」

急な出費などに最適な「カードローン」は利用者にとってメリットの高い金融サービスです。皆さんが必要な時に必要な金額を借りられますし、カードを使って簡単にお金を引き出せる点も非常に便利です。場合によってはカードローンを複数所有することも可能となっているので、様々な金融機関の特徴をよくチェックし、自分に合ったカードローンを選んでみると良いでしょう。

また、カードローンのメリットとしては、借り入れ限度額として決められた範囲内であれば、自由に借り入れが可能な点も挙げられます。借り入れ限度額は皆さんそれぞれ異なるものの、限度額を超えない限り自由にカードローンを利用できるようになっているのです。

さらに金利が低いカードローンであれば、利息も膨らみにくく、返済負担も減らすことができますし、「無利息カードローン」である場合は利息を支払わずに済むので、お得にカードローンを利用できるというメリットがあります。無利息カードローンの利用を希望している皆さんは、無利息期間が適応しているカードローンの一覧を参考にサービスを選んでみると良いでしょう。

カードローンのデメリットにも注意を

しかし、メリットの高いカードローンでも、利用する上では少なからずデメリットも見られるものです。ここからはカードローンのデメリットについて見ていきますが、カードローンを利用する際にはメリットだけではなくデメリットについてもよく理解しておくようにしてください。

では、まずはカードローンの審査に関するデメリットから見ていきましょう。審査はカードローン利用者が必ず通る道で、皆さんがカードローンを利用するためにはこの審査をクリアすることが第一条件となっています。必要書類など不備なく用意していても、審査基準に満たない場合はカードローンの利用は認められません。例え審査基準が甘いと言われるカードローンでも、誰もが利用できるわけではないのです。

また、カードローンの審査は金融機関によって基準に差が見られているため、審査に通ることができる場合もあれば、審査に通れない場合もあります。特に審査基準が厳しいカードローンは、収入面などに問題が見られる場合、審査をクリアできる可能性が低くなります。審査に通ることが難しい場合は、審査基準の甘いカードローン一覧から審査に通りやすいカードローンを選ぶことをおすすめします。ただ、審査基準が甘いカードローンは金利設定が全体的に高いですから、利息が高くつくというデメリットに注意しておきましょう。

トラブルの多くは利用者側に原因が

カードローンは金利が高いほど利息が増えてしまうので、その分だけ返済負担が大きくなる傾向があります。もちろん、借り入れ金額が高いだけでも返済時には余裕が必要となりますが、カードローンは借り入れ金額を返すだけではなく、利息をプラスした金額を完済することが義務付けられているものです。そのため金利が高いことは返済総額に影響しやすく、返済トラブルも起こしやすいというデメリットがあるのです。

カードローンにおける返済トラブルの多くは、利用者側に原因があると見られていることから、トラブルを起こさないようにするためには、まず利息の支払いを少しでも抑える努力をすることが必要となります。カードローンを通して借りる金額を少なくする、できるだけ低金利のカードローンを選ぶなど、皆さん自身で工夫をしていきましょう。

このようにデメリットもあるカードローンですが、最初に見たようにメリットもあるサービスです。メリットを強く持たせるためには、やはり正しくカードローンを利用することが大切なので、誤った使い方をしないよう十分注意しておきましょう。